リフォームが始まる

規模の大きなリフォームの場合

かなり古い状態の住宅は、全体をリフォームするかもしれません。
するとリフォーム中にそこで生活を送るのは難しいので、仮住まいを用意してください。
近くに親戚や知り合いがいる場合は、居候させてもらいましょう。
誰も頼れる人がいなかったら、ホテルを活用してください。
ホテルを選択すると費用が高くなると言われていますが、職場や学校から近いホテルにすると交通費を削減できます。

そのように工夫して、少しでも費用を抑えましょう。
リフォームの契約を済ませるまでに、どのぐらいの規模なのか業者に聞いてください。
自分で判断できなかったら、スタッフに仮住まいが必要なのか聞いても良いでしょう。
スタッフに聞くと、適切に判断してくれます。

水回りをリフォームする

小規模なリフォームだったら、そのまま住宅で暮らし続けることができます。
しかし水回りをリフォームは、キッチンやトイレが使えなくなるので仮住まいに移動した方が良いです。
またリフォーム中の騒音や臭いが気になる場合も、仮住まいに移動してください。
ストレスを我慢してまで、リフォーム中の住宅で暮らし続ける必要はありません。

仮住まいに行く際は、その間に電気代やガス代が発生しないよう利用を停止することを忘れないでください。
これを忘れると、ずっと基本料金が発生して余計な出費になります。
リフォームが終わったら再び利用できるように、すみやかに手続きを済ませてください。
利用を停止する時は、どこに連絡すれば良いのか把握しておきましょう。


この記事をシェアする