イメージが決まったら業者選び

経験が豊富という条件

これまでにたくさんの人から古民家のリフォームを依頼されている業者であれば、実力があると判断できます。
実力があることは重要な条件なので、妥協せずに探してください。
経験が少ない業者に任せると、難しいリフォームを断られるかもしれません。
また勝手にデザインを変更される可能性があり、それでは自分がイメージしたリフォームにならないでしょう。

気になる業者が見つかったら、依頼件数を見てください。
また、経営年数が長いという部分も重要です。
経営年数が長い業者は、地元から愛されていると判断できるでしょう。
そのため実力が高いですし、こちらの要望をしっかり叶えてくれると思います。
口コミを見て、業者の評判を聞いても良いですね。

相性が良いスタッフ

スタッフとの相性が良いことも、業者を選択する時に欠かせません。
相性が良いスタッフだとすぐにこちらの希望を理解してくれますし、さらに暮らしやすい住宅にするためにはどうすれば良いのか、アドバイスをもらえます。
しかし相性が悪いと何回説明しても、スタッフがこちらの希望を理解してくれません。
間違って解釈される可能性があるので、注意してください。

どんなに高い実力があって、人気の業者でもスタッフとの相性が悪いと思ったらキャンセルしてください。
気になった業者があれば、積極的にスタッフとコミュニケーションを取るのが良い方法です。
わからないことを問い合わせたり、リフォームの見積もりを聞いたりすると相性がわかるでしょう。


この記事をシェアする